ウーマン

整形外科で行う施術内容

医師

体と顔のできもの対策

今体のどこかにいぼがあるのであればそのまま放置したりせず、速やかに近くにある皮膚科で治療を行うべきといえます。いぼというのはウイルス性のものであった場合は人に感染してしまい、悪化すると治療期間が意外なほどに長期化してしまうのです。そうならないためにまずは皮膚科に行くべきですが、そのいぼのできた場所によっては美容整形外科を紹介させることもあります。顔のいぼを除去する際には傷跡が残らないようにしなければならないので、より繊細な施術を行うことができる美容整形外科のほうがいいのです。体の目立たないところであり、いぼ自体が外に飛び出しているなら皮膚科で簡単に切除してもらえるのでその場合はその日のうちにすぐ治してもらえます。しかし顔にできている、あるいは目立たないところであっても内側に食い込んでしまっている場合には単純にメスやハサミで切除することはできないのです。皮膚と一体化していても場合によっては液体窒素でぽろっと取ることができるかもしれませんが、その場合は傷跡が残りやすくなってしまいます。足の裏にできる魚の目などであればいいのですが、目立たせた杭ならば美容整形外科で適切な治療を受けて傷跡をきれいに消していきましょう。炭酸ガスレーザーは保険が適用されないので割高ですが、うまく傷跡を目立たなくすることができるので多くの人がこの治療法を選んでいます。ここで注意しなければならない点として、安易に安いと評判の美容性外科を選んでしまうとそんなにひどくないのに炭酸ガスレーザーを使われてしまうことがあるのです。そうならないようにまず皮膚科を受診し、それから美容外科を紹介してもらうようにしなければ相場通りのコストで治療を受けることができません。気を付けて病院選びをしなければならないことを意識して、自分の症状に合った治療方法を選ぶようにしましょう。いぼはひどく痛むのでなければ後回しにしてもいい疾患なので、じっくりと治療を進めることが可能となっています。時間をかければかけるほど傷跡をきれいに消せる傾向にあるので、炭酸ガスレーザーや鍼灸などから好都合なものを選んで治療を進めていきましょう。